TOPへ戻る

高級交際クラブ ヴェルサイユ > コラム > クラブホステスの仕事は稼げる?仕事の魅力やメリットやデメリット

COLUMN

2024/02/24
デートクラブ
NEW

クラブホステスの仕事は稼げる?仕事の魅力やメリットやデメリット

クラブホステスの仕事に興味がある方は、稼げるかどうか、その他働くメリットについて知りたいですよね。
同時に、クラブホステスの大変なところも把握しておきたいはずです。
この記事では、クラブホステスの給料面を含むメリット、さらにクラブホステスのデメリットも解説しています。

そもそもクラブホステスとは?

クラブホステスとは、高級クラブや会員制クラブで働く女性のことです。
キャバクラであればキャバ嬢、キャストと呼ばれます。
年齢層はキャバクラよりもやや高く、20代後半から30代前半の女性が多いです。
クラブで働いている女性=ホステスと理解しましょう。

クラブホステスの仕事は稼げる!ホステスになるメリット

クラブホステスのお仕事は、働き方次第ではかなり稼げるお給料システムになっています。
  1. 日給制でお給料設定も高い
  2. 客層が良い
  3. ハイクラスの男性と知り合いになれる
  4. 所作やマナーが身につきやすい
ここからは、ホステスになるメリットを4つ紹介します。

日給制でお給料設定も高い

クラブホステスのお給料は日給制で、お給料設定も高めです。
そもそも高級クラブや会員制クラブは、東京でいえば銀座、大阪なら北新地などの高級店が集まるエリアに集まっています。
そのため、お店の値段設定自体が高く、店で働くホステスのお給料も高めになっていることが多いです。
また、日給に加えてアフターに行った際のタクシー代、お客様からのチップなどもあるため、一日数万円単位で稼げます。

客層が良い

クラブホステスへ来店するお客様は、ママの昔からの馴染みのお客様が多いです。
会員制クラブは一見さんお断りも多く、お金持ちがお金持ちを紹介するため、リッチなお客様が来店されます。
社会的ステータスの高い男性が多いため飲み方も綺麗で、落ち着いた雰囲気の男性が多いです。
キャバクラやラウンジはやや年齢層が低く、店によってはかなり騒がしい印象がありますが、クラブはどちらかというと静かに落ち着いて飲みたい方が多いです。
身元のわからない男性は入店できないため、客層も良くなります。

ハイクラスの男性と知り合いになれる

高級クラブには、ハイクラスの男性が来店します。
会社経営者や政治関係の方など、リッチな男性と知り合いになれるチャンスです。
クラブはそもそもの値段設定が高いため、一般的な収入の男性は来店できません。
普通のキャバクラでは出会えないような方に出会えるチャンスもあるでしょう。

所作やマナーが身につきやすい

働きながら、美しい所作やマナーを身につけられることもメリットの1つでしょう。
クラブホステスは、VIPの男性を相手にするため、ホステス側のマナーも求められます。
ママやスタッフが入店時にマナーを教えてくれ、その後はテーブルについて、先輩たちの所作を真似して学べます。
通常はマナーを覚えるには、マナー教室にお金を払って通う必要がありますが、ホステスになればお金をもらいながらマナーを学べるのです。

クラブホステスは厳しい世界!ホステスの仕事のデメリット

ホステスはお給料もよく、環境も良い店が多いですが、厳しい世界でもあります。
  1. 面接が厳しい
  2. 社会常識や時事ニュースなどの勉強が必要
  3. アフターへの参加が必要
  4. ママと合わないと働きづらい
次は、クラブホステスの仕事のデメリットについてお話しします。

面接が厳しい

クラブホステスは、見た目やその人が持つ品性などが問われるため、面接はかなり厳しいです。
多少の水商売経験があるからといって、受かるとは限りません。
レベルの高いクラブホステスはライバルも多く、面接に受からないケースも多いです。

社会常識や時事ニュースなどの勉強が必要

クラブホステスとして働く上では、社会常識や時事ニュースなどの勉強も欠かせません。
銀座ホステスは、出勤前に日経新聞を読むといわれますが、そうしないとお客様とお話が合わないのです。
お客様が取引先を連れて接待に来るケースも多いので、振る舞いやマナーにも気をつけなければなりません。
求められる接客レベルは非常に高く、常に向上心を持って勉強する必要があります。

アフターへの参加が必要

強制ではありませんが、高級クラブはアフターが多いです。
ママのお客様のアフターへ同行し、お酒にお付き合いしないといけません。
また同伴出勤も多いため、実質の稼働時間が店へ出勤している時間よりも長くなります。
アフターは断ることもできますが、ママの手前断るのも気まずく、断れないことも多いです。
お店でうまくやっていくためにも、アフターに参加しなければならないのは、クラブホステスの辛いところでしょう。

ママと合わないと働きづらい

クラブホステスはママを中心にお店が回っています。
ママの馴染みのお客様の席につき、紹介してもらって初めてお客様が増えていくからです。
ママに気に入られないと働きづらく、思うようにお客様がつかないこともあります。
女社会でなおかつ上下関係も厳しいため、生半可な気持ちで働くと後悔するかもしれません。

まとめ

クラブホステスの仕事は頑張り次第ではかなり稼げます。
お客様の質も高く、自分を成長させるにも良い環境です。
しかし、同時にホステスとして求められるレベルも高くなるため、向上心のない人には向いていない職場ともいえます。
クラブホステスのメリットとデメリットを理解した上で、自分に向いている職場かどうか確かめましょう。

より安全に稼ぐなら交際クラブでのパパ活もご検討ください。

ヴェルサイユは、創業15年以上・所轄官庁届出済で許可を受けた交際クラブ。
登録して頂いている男性会員と女性会員は身元のはっきりしている方々のみですので、女性が安心・安全なパパ活することが可能です!もちろん他のお仕事との掛け持ちは可能ですよ^^ご興味がある方はぜひ登録ください。
→→登録はこちらから

TEL 03-6303-3945 0120-954-815
LINE
OPEN 12:00-20:00 日・祝定休 LINE